南西レコード

オヤケアカハチ公演!②

えーと、せっかく観に行ったのに便器の話だけをするのもアレなんで、ちゃんと感想を。

とりあえず、とっても良かったです!踊りはとっても上手だし、子供たちの故郷八重山に対する真剣な気持ちもよく伝わるし。
それにやっぱり、平田氏の演出はすごい!私は『肝高ぬ阿麻和利』も好きです。


ただ、どうしても気になってしまった点が2つほど。
あれですよ、別に八重山においてイリキヤアマリの神行事禁止の令が布達されたのは実際はアカハチの乱(西暦1500年)よりももっと後の時代の1768年であるとか、そもそもアカハチの乱の前は琉球王府が八重山に対してあのような露骨な支配体制を敷いていたかどうかは微妙…とかそういうのではなくて。
そういう史実との照合は門外漢の私がやってもただの雑音になりますから。

気になったこと①
アカハチと意見が合わなかった為に殺されてしまう川平村の仲間満慶山(なかまみつけいま)と波照間島の美宇底獅子嘉殿(みうすくししかどぅん)が、あまりにも軽く扱われ過ぎだと思った。
でもこれはアカハチの物語であるから当然かもしれないし、一応はその場面での進行役の子が「二人とも悪い人というわけではなかった」「いつかこの二人にも光が当たってほしい」とフォローしてたけど、それを差し引いても、特に獅子嘉殿に関してはちょっと軽すぎると思った…。たぶん私が波照間の人だったら面白くないと思うはず(´ω`;)

気になったこと②
オヤケアカハチと韓国の英雄・ホンギルトンが同一人物である、との説ありますね。
そのホンギルトンとの繋がりは劇の終盤でも取り上げられるくらい大きく扱ってますが、その割には説明不足。
パンフレット(300円)ではアカハチとホンギルトンのつながりについては、そのホンギルトンが北朝鮮初のアクション時代劇で取り上げられたストーリーを中心に紹介しているのみで、アカハチ=ホンギルトン説の根拠とはなり得ません。
この辺りは、子供たちにもちゃんと説明できるようにしてほしいと思いました。興味深い話ですから。

あとあれだ!③
アカハチとクイツ姫にしても、アカハチと長田大主にしても、二人が仲良く暮らしてる時代の場面がもっと多かったら、もっと感情移入できたかな…と思います。そしたら泣いてたかもしれません。

と、いろいろ言ってますが、やはり基本的に良いんです、この舞台。
クイツ姫役の子は泣く演技が凄かった!
アカハチと長田大主の立回りもカッコよかったです。
アンサンブルの子供たちは人数も多く、それがさらにみんな上手でものすごい迫力でした。

きっとこの子たちが将来の八重山を背負っていくんだろうな、と感じさせる舞台でした。
[PR]
by kooheeee | 2009-12-07 16:19

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな