南西レコード

青年と旧暦

公民館でシマの青年で飲んでるときに出たとある会話。

「ツナンカンはそろそろ川から降りてくるかな?」
「いや、まだ旧暦九月だから、もうちょっとあとですよ」

若者が旧暦を意識する世界。うーん、ステキだ。


さて、ツナンカンとはあれです、シマの言葉でモクズガニのことです。上海ガニの近縁種ですね。
それがもうちょっとで産卵の為に川から海に降りてくるそうなんですよ。
このカニはそのときに一列に連なるように海に降りて行くものだから「綱の蟹(ツナンカン)」の名があるんだとか。

ツナンカン。美味しいらしい。まだ食べたことない。食べてみたいです。シマの友人にお願いして食べさせてもらおう。

いやいや、ただカニが食べたい話ではなくて、やっぱシマでは新暦よりも旧暦の方がいろいろしっくりくるな―。という話です。カニも人も月の影響を大きく受けてますね。


過去の旧暦賞賛記事。
これ
これも
[PR]
by kooheeee | 2010-10-03 01:24 | シマに暮らす

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな