南西レコード

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大丈夫、私は運が良い人である。

ここ数日、ずっと運が良くなることだけを考えてます(笑)

家の玄関は常に綺麗にしておこう。
毎日必ず部屋の換気をしよう。
部屋にある要らない物はすべて処分しよう。
いつか着よう、いつか着ようとして2年近く経つ服はみんな捨てよう。
同じく、いつか使えるはず、と取っておいたけど存在も忘れてた雑貨類も捨てよう。
将来使うかも…と思って留まっている物はすべて捨てよう。そんな将来はきっと来ない。
身の回りの物を減らそう。今現在必要な物だけ残そう。
物の圧迫で息苦しくならないように。身軽でいよう。
汚い言葉は吐かないようにしよう。言霊を信じよう。すべてのものに、すべての事象に感謝しよう。
水を飲もう。身体の中が淀んでしまわないように。
「自分」から離れよう。他者の為に祈ろう。心に余裕が持てるように。
早寝早起きをしよう。朝日を浴びて行動しよう。こんな曲も聴こう。生活には笑いを取り入れよう。意識して笑おう。M-1借りよう。幸せの敷居を下げよう。何にでも感動しよう。幸せでいよう。
人生頑張ろう!

明日も良い日です(・∀・)
[PR]
by kooheeee | 2012-06-27 22:43

ウムナガー(キツネフエフキ)県記録超え

久々に青年会で公民館飲みです。
a0147023_3452138.jpg

そしたら先程シマの先輩が来て、「氷ないか!?」って。

何かと思ったら、ついさっきまで海で釣りしてて、「県記録のウムナガーを釣った」とのこと↓。
a0147023_3474283.jpg

うん。でかいです。県記録超えの80なんとか㎝だそうで。←数字忘れた。

ウムナガー。和名はキツネフエフキですね。

意は「面長」。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-23 03:49 | シマに暮らす

通り雨

去年はそうでもなかったんですが、今年はけっこう頻繁に南風に乗る雨にやられてしまって、洗濯物がなかなか乾かないです(´ω`)

コインランドリーを使うにはまだ至ってませんが、それが必要になったら面倒臭いなー…。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-22 07:43 | シマに暮らす

平成24年台風5号

さて、つれない人・台風4号先輩は本州に上陸して温帯低気圧へと変わったそうで。

そしたら休む間もなく、今度は台風5号先輩が八重山諸島に接近中です。アジア名はタリム。
台風情報で見る限りは、その中心は南西諸島のだいぶ北側を通過するようですが。

今現在、石垣島のシマはけっこう荒れた天気です。石垣島地方に強風注意報発令中。
4号先輩最接近時よりもはるかに台風の雰囲気が感じられます。

それにしても、ウェザーニュースの台風情報は見やすくて良いですね。オシャレだし。

今年は石垣島でもデイゴの花が綺麗に咲いてました。そんな年は台風が強い&多いという謂れの通りになるかどうか。胸をときめかせながら今年も台風に絶賛警戒中です。

漁業や農業に被害が出ないことを祈りつつ、台風の空気はちゃんと楽しみたい。雨にも期待。昨年は水不足の夏でしたしね(談)
[PR]
by kooheeee | 2012-06-20 22:16

変な金縛り@西表島

台風4号先輩は、八重山諸島を見事に避けて沖縄諸島に上陸してますね。
先週の予報では本日八重山を直撃することになってて、しかも最大瞬間風速が85mとの予測だったんでかなり警戒していたんですが。

それにしても、400㎞の距離はやっぱりすごい。石垣島は快晴で、星が綺麗です。

*

さて、夏になってくると毎年怪談・奇譚に飢える私です。南西レコードです。

昔から毎年夏になると、姉2人と3名で夜遅くまで怖い話大会とかが自然な流れで開催されてたんですが。

しかし私、なんか、怪談、いわゆる幽霊話とかよりは、「不思議な話」とでしか括れないような話が大好きです。例えば、ウィキペディアの「神隠し」の頁の記述↓にあるような。

沖縄県では、神隠しを物隠しとも呼び、いったん物隠しに逢った者は自分の櫛を持って帰ろうと戻って来る。そして再び出て行ってしまうとされる。その為、物隠しに逢った家族は早速当人の櫛を隠して取られないようにする。それでも、締め切っている部屋の中から知らない内に取られてしまうこともあるとされる。

こういったノリの話でもの凄くぞっとしますよ。ええ。

で、そういったノリに近づけるかどうかはわかりませんが、以下は私の体験談です。

*

7年前の夏、私は大学の夏期休暇中に西表島東部にある叔父の会社でアルバイトさせてもらってた。

で、職場の上司と仲良くなって、上司が船を出しての夜釣りに連れてってもらった。

仕事終わって夕食を食べて、叔父の車を借りて集合場所である西表島西部の白浜港へ。
超余談だけど、白浜港までの1時間ほどの道のりで見る夕暮れの景色は、私が人生で見た景色では1・2位を争う美しさでしたよ。

午後8時頃から出港して、たっぷり4時間近くは釣りを楽しんだ。釣果はまあまあ。
午前0時を回る頃には現地で解散して、また1時間ほどの道のりを車で走り、島の東部にある叔父の家に帰って来た。

叔父の家の車庫に車を入れたのが午前1時頃。疲れもあって、私は運転席に座ったままうとうとしまった。

そして眠りに落ちそうになった瞬間、車の外後方で、ぼそぼそと男の人の声がした。何を言ってるかは全く聞き取れなかったけど、「車庫に車が入ってきたのに私が車から降りて来ないんで、叔父さんが心配して様子を見に来たのかな?」とぼんやり考えた瞬間、

金縛りに遭った。

高校時代から金縛りには何度も遭ったことあるけど、座ったままでの金縛りは初めて。意識はかなりはっきりしている。苦しい。

金縛りは身体が疲れているときに起こるもので、脳が覚醒してるけど身体が眠っている状態…っていう知識はあったけど、この時のはかなり変な感じ。

もちろん全身動かないんだけど、目も開けられない。そして私の顔、頬の辺りを思いっきり人の片手で握られているような感触が。痛い。そして右肩にもなんか手の感触。こちらは力は無く、そっと置いているような感じ。
その間、さきほどのぼそぼそとした男の人の声がたまに聞こえて怖かった。

で、1分ほどその状態が続いたと思ったら、急にお腹のへその辺りから何かがスゥーーーーッと尾を引きながら抜き取られるような感触がして、それが抜け出た瞬間に金縛りが解けて脱力、私はハンドルに突っ伏して気を失った(いや、単に眠っただけかな)。

どれくらい気を失って(眠って)いただろう。感覚的には2時間くらいだろうか。
目覚めてみると妙に爽快な気分。かなり深く眠ったような感じだったんだけど、

時計を見たら私が叔父の家に到着してから5分くらいしか経っていなかった…。

翌日、叔父に訊いてみたけど、あの時間帯はもう寝ていたから家の外には出ていないとのこと。


最後に時計を見た瞬間、まじで鳥肌たちました。怖かった。何だったんだろう…。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-18 23:30 | 不思議な話

御袖振りゅり

第33回奄美民謡大賞、無事に終わったそうで。
来年は私も予選に出よう。歌いこもう。お金を貯めよう。

*

今日もまたシマで人が亡くなった。90近いおじいさん。

そのおじいさんは一般病室とハイケア室を出たり入ったりしながらの入院だった。

先月、入院時期がうちの祖母と被っていて、一般病棟では同じ病室だったので、家族同士で「早く退院できたらいいね」と話しあっていた。

ご冥福をお祈りします。

*

今日、シマの先輩とそのおじいさんの話をしたら…、

 私「入院が続いていた○○のおじいさん、亡くなってしまいましたね…」

先輩「は!? 昨日自転車乗ってるの見たけど!!?」

 私「………(´д`;)。」

先輩「見間違えかな……。」


シマに最後の別れに来ていたんでしょうか。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-17 23:41 | 不思議な話

オスは今年初めて見ました。

台風4号がコースを東寄りにしながらも絶賛接近中ですが、今日のシマは晴れてとても良い天気でしたよ。

で、夜は私の居住する部屋の外階段に、この人が来てました↓
a0147023_08671.jpg

もう夏ですね。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-17 00:12 | 自然

台風4号接近中、そして第33回奄美民謡大賞。

さて、台風4号が次第に近づいてきているシマの夜です。南西レコードです。

日付は変わって6月16日。今日は第33回奄美民謡大賞の本選です。観に行きたいです。700kmほど南の島から指をくわえてます。

今年は、新元一文さんが出場されるそうで。とても聴きに行きたかった(T^T)

ああ、奄美に行きたい。奄美に行く理由がほしい。そして莫大な金が欲しい。南西レコードでした。

*

夜が明けたら台風対策か。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-16 02:24

平成24年の台風4号

アジア名はゲチョル。

6月17日~19日にかけて先島諸島に接近しそうです。
どうなりますかね~。


今日の名曲→MID TOWN で A Faulty Foundation

前にもリンク貼ったっけ。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-15 00:07

道之島節

さて、この前にもちょろっと書いた、渡名喜島に伝承されていたという「道之島節(みちぬしまぶし)」です。

エーイ 出砂ぬ後に 島んちょいありば ぬんち渡名喜人 
ヨーハレ 旅に立ちゅが 旅に立ちゅが

(いでぃすなぬくしに しまんちょいありば ぬんちとぅなきんちゅ たびにたちゅが たびにたちゅが)

出砂島の後ろに、また人の住める島さえあれば、どうして渡名喜島の人々は島を離れることがあろうか。

エーイ グルクはいじきてぃ 慶良間眺みりば じんと我が島や 
ヨーハレ 後にまた 後になとさ

(ぐるくはいじきてぃ きらまながみりば じんとわがしまや くしにまた くしになとさ)

グルク崎をあっという間に通り過ぎて、慶良間を眺めていると、ほんとうに我が島は、ずっと後ろになっているよ。

*
出砂島=日本地理上の正式名称は入砂島(いりすなじま)。渡名喜島西方4キロに浮かぶ無人島。現在は米軍の射撃訓練場。

グルク崎=渡名喜島南端の岬。

*

仲宗根幸市先生が1982年に採集したそうです。

葬送歌としての役割を持つ、徳之島の「みち節」系の歌。この道之島節でも、人の別れが背景に見える様な切ない歌詞が歌われていたようです。

どんな旋律だったかが超気になるところ。仲宗根先生に突撃して尋ねたところ、「沖永良部島に伝わる同系列の『犬田布嶺節』とほぼ同じ」とのことでした。

*

私も以前渡名喜島に行ったときに、出会った何名かの島の人にこの歌のことを訊いてみましたが、もうすでに忘れ去られた曲っぽいです。「渡名喜ジントーヨー」や、琉球古典になっている「出砂節」のことは聞けましたが。

*

渡名喜島の集落はとても美しく、八重山の竹富島と同じく重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。しかし、竹富島みたいな観光地化は進んでおらず、静かでとても良い雰囲気です。

しかし何よりも、「ヲム」とか「ヲモの崎」とか「呼子浜」とかって地名が怖すぎてステキです。

皆さん、渡名喜島良いですよ。おススメです。


*

道之島節の二つ目の歌詞の「後にまた 後になとさ」は、「あとぅにまた あとぅになとさ」と読んでしまいたい。

*

あと、竹富島には「道の島歌」と呼ばれる歌があるんですが、そんな話はまたいずれ。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-14 01:06 | しまうた

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな