南西レコード

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

クロミミ号

写真の車は私の愛車です。名を「クロミミ号」といいます。
a0147023_1558368.jpg

実は、この愛車が本日をもって車検切れを迎えまして。

私はこのタイプのダイハツ・ハイゼットが大好きなんで、普通に車検にまた入れて永遠に乗り続けようと考えていたんですが。

ここ2年程で運転席のドアと車体を繋いでいる箇所の一部が錆びて落ちてしまい、ドアを持ちあげながらじゃないと閉まらなかったり、運転席側の後ろの戸が一度あけると全然閉まらなくなって、それを再び閉めるには私の持ちうる全豆知識を総動員しなければならなかったり、などの不都合が多発してまして。

どちらも車体の大幅な修繕が必要になるので、修理に出せばその費用はかなり高額になるとのこと。よって、この愛車とは今日でお別れすることになりました。

大学学部生2年の時から乗っていたこの車。6年くらい付き合っていたことになるのか。
めちゃくちゃ切ないです(T_T)

今までのお礼の意味を込めて、昨日はガソリンを満タンにして石垣島を一周し、今日は先程洗車に出して、FK-Ⅱでピカピカになってもらいました。寂しいです。

そういえば何かの偶然か、昨日からこの愛車に搭載しているウーファーも作動しなくなってしまいまして。いろいろと潮時なんですかね。

今までありがとう、クロミミ号。

*

年明けから私は軽トラックに乗ることが決まっています。

*

そう、そして実は私、明日からハワイ県に行くことになってるのですよ。トリスも飲んでないのに
年はシマの公民館で越したかったんですが、今回はハワイで年越してきます。

何故かと言うと、9月に結納した次女姉の結婚相手が日系ハワイ人3世で、挙式はその相手の家族がいるハワイで行う為なんですね。

まさか私の人生のこんな早い段階でハワイに行く機会があるとは。

年が明けて帰ってきたら、またブログにいろいろ書いていきたいと思います(・∀・)

*

さあ、このウェブログに目を通して下さっている皆さん、どうか良いお年を。
平成23年南西レコードでした。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-27 16:20

ダチョウ

さて、今日はクリスマスですね。

写真は先日仕事中に見かけたダチョウです。
a0147023_17303218.jpg

車が来たら逃げてったけど、人が来ると寄ってきます。
a0147023_17321734.jpg

大きくて可愛いです。

余談ですが、ダチョウの眼球はテニスボールくらいの大きさがあるらしいですね(談)
[PR]
by kooheeee | 2011-12-25 17:33

昨日仕事中に、

ダチョウを見ました。それも一羽とかじゃなくてたくさん。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-21 01:51

小山内 薫さん

今日のシマはなかなか晴れてまして、肌寒いような、ちょっと暖かいような、なかなか心地良い天気です。南西レコードです。

*

さて、ここ1~2年でかなりハマっている動画→これ

津軽じょんがら節ですね。演奏者は小山内薫さんという方。

津軽三味線なんて私は鑑賞に関してさえもど素人ですが、いくつか聴いてみた中では今のところ、この小山内氏の音が最も情緒に溢れていて心地よく感じる。そしてかっこいい。憧れますね。
1:23~1:27あたりのリズムが変則的になるところが大好きです。
いつか生で聴いてみたいです。

*

今日はこれからちょっと職場に行く予定だったんですが、今さっき青年会長からジョギングのお誘いがあり。

職場行きは走ってからにしようかと思います。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-18 10:22

むちゃ加那

喜界や小野津ぬ 十柱むちゃ加那 あおさ海苔剥ぎが いもろむちゃ加那
(ききゃや うぬじぬ とぅばやむちゃかな あおさぬりはぎが いもろむちゃかな)


喜界島も舞台となっている、奄美を代表する歌「むちゃ加那節」(一名「うらとみ節」)の一節です。

この歌にまつわるお話はいろいろとあるようで。
最も広く知られているのは文英吉(かざり・えいきち)の『奄美民謡大鑑』で紹介された、だいたい次のような話。

薩摩藩時代、加計呂麻島の生間(いけんま)に「うらとみ」という名の美女がいた。薩摩から来た役人がうらとみを見染め、現地妻にしようとするが、うらとみはそれを拒む。当時役人の権力は絶大だった為、それにより集落が何らかの不利益を被らないか心配したうらとみの親は、彼女一人を舟に乗せて生間から脱出させる。数日後にうらとみの乗った舟は喜界島の小野津の浜に漂着し、うらとみはそこの人々に助けられる。喜界で暮らすことになったうらとみは間もなく島の男と結婚し、「むちゃ加那」という名の女の子を産む。そのむちゃ加那も成長するにつれ、母にも勝る美女となる。その美しさを友人らから妬まれたむちゃ加那は、『アオサを取りに行こう』と海に誘われ、海岸で友人らに崖から突き落とされて死んでしまう―。

…という。
そして冒頭の歌の一節は、そのむちゃ加那の友人たちがむちゃ加那を「海に行こうよ」と誘う様子を歌ったものらしいです。
喜界島は小野津の、十柱(字名)に住むむちゃ加那よ、アオサを剥ぎに行こう、行こうよむちゃ加那…。

怖い。怖すぎる…。私は小学生の頃にこの話を知って衝撃を受けましたよ。いや、怖いというより畏いのかも。うまく言葉にできない。なんというか、友人たちの行為にしても、それらが歌として伝わっていることの不思議さにしても。まあしかし、多くの民話でそうであるようにこのお話にも様々な形がありまして。これが本当なのかどうかは誰にもわかりませんけれどね。

登場人物の名前一つにしても、母うらとみの本当の名前は「あかば加那」で、「うらとみ」とは実はこのむちゃ加那の話を世間に広めた門付け芸人の名前である…とか。あと、母は喜界島では「ましゅ加那」という名で伝わっているとかなんとか。

こういう話の流動性によって頭の中を撹乱されるのも、口承文芸を楽しむ際の醍醐味の一つであると、個人的には解しています。

*

因みに。この歌は奄美大島地域の全域で広く歌われていますが、小川学夫先生によると「うらとみ節」と呼称する所が圧倒的に多い、とのことです。印象としては今は「むちゃ加那節」が市民権を勝ち取った感もありますが。

大御所・武下和平氏による「むちゃ加那節」

*
海に突き落とされたむちゃ加那の遺体は、奄美大島住用の、「青久」という集落の海岸に流れ着いたんだとか。

そう、青久(あおく)。超アツい場所ですよ、そこは。知る人ぞ知るハードコアな集落です。私は2年ほど前に一度行ったことがあるんで、その時のレポートもまたいずれ。

そこにはむちゃ加那の霊を慰める為の「むちゃ加那の碑」もありましたよ。

*

そう、昨日の喜界島とヒザラガイの話で連想してむちゃ加那のことを思ってたんですよ、私は。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-17 08:19 | しまうた

ヒザラガイ

昨日、祖母宅で夕食時にテレビ『秘密の県民show』を観てまして。

その中で、「鹿児島県喜界町では超グロテスクな生物を皆が好んで食べる」ってのが紹介されてました。喜界町、つまりは奄美諸島の喜界島ですね。むちゃ加那伝説で有名な。

その生物とはヒザラガイのことでしたね。喜界島では「クンマー」と呼ぶらしく、島民は皆好んで食するものなんだとか。
番組に沖縄代表で出てたISSAが「沖縄でもさすがにこれは食べないですよ」と言ってましたが、それはそうでもないかと。これは自慢なんですが、私はヒザラガイは食べられる生物であるということを幼少の頃から知ってたので(`∀´)エヘン

まあ確かに今現在の沖縄においては、喜界のように皆の大好物というような扱いはこの生物に対してなされていませんしね。私も食べたことはない。

で、その時テレビでヒザラガイの映像を観てたうちの祖母が「これは『クズマー』じゃない?食べられるよね~」と一言。うん。さすがです。ステキです。

私「それで、このクズマーって美味しいの?」

祖母「いや~、身が硬いからよ、ばあちゃんはあんまり好きじゃないさ~」

みのもんた「うん!柔らかい!美味しい!(・∀・)」(試食)

祖母「え~~(´д`)」

はい。うちの祖母はそんなに好きじゃないそうです。はい。


ヒザラガイ。喜界島では「クンマー」。うちのシマでは「クズマー」。似てますね~。
やはり琉球弧は一つなんですネ☆  ←無理やりなまとめ方だ。何が「ネ☆」だ。




他のシマ及び島ではどんな呼び方がされてるのでしょうか。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-16 23:05 | 祖母

雨緑

「山は青く、あなたは美しい」

ってのは、かなり昔に世界まる見えテレビで観た、中華人民共和国内に居住するとある少数民族の若者が、結婚したい女の子を口説くときに歌ってた歌の歌詞です。南西レコードです。

年に何回か思い出すその歌詞とは別に関係ありませんが、今日の仕事中に出会った奄美大島っぽい景色。↓
a0147023_2150121.jpg

うん。素晴らしい。緑の壁と雲と霧雨と、それらすべてが作る薄い闇に視界が遮られる快感。
a0147023_21502718.jpg

で、こちらは仕事中に出会ったヤエヤマアオガエルの人。久々にその姿を見ました。声はよく聞くんですけどね。 →ヤエヤマアオガエルの声
a0147023_215185.jpg

うん。羨ましい程に緑色である。眠いのか目つきはあまりよろしくないですが。

*

さて、これからまた石垣市青年団協議会文化発表会の事後処理で、ちょっと公民館に行ってきます。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-15 21:55

ゲームボーイズ

冬になってこんな昔のスチャダラパーの曲などを聴くと、私がスチャダラパーを知った94年頃のブックボックス美里店の2階とか、中央パークアベニューの照屋楽器店とかの雰囲気を思い出してしまいます。

最近の彼らも大好きだけど、この頃のも聴くとなんだか「帰ってきたような気分」になれて、うん、なんかとても良いです。


えーと、仕事行ってきます。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-14 07:04

生活のリズムを元に戻さないと。

その先日の石垣市青年団協議会の文化発表会では、お隣の竹富町青年団協議会からも波照間青年会が友情出演してたんですが。
石垣-波照間の船便が悪天候の為、発表会当日に朝から全便欠航。波照間青年会の皆さんは漁船で西表島まで渡り、そこから石垣島までなんとかたどり着いたんですって。
かっこよすぎます。南西レコードです。

あれ。石垣-西表島大原便は通常通り運航していたので。かっこよすぎます。


さて、私、今晩はこの2カ月ぶりくらいに公民館に行かない夜です。なんか不思議な感じ。
ここ最近はゆっくり祖母の家に行くこともできなかったんで、先程久々に祖母とお話してきました。
祖母は元気でしたよ。

そして久々にゆっくりしてる今宵はこのブログに何か面白おかしいお話でも書いてみようかと思いましたが、すみません、どうにもこうにも眠いんでまた後日に~m(_ _)mzzZ

お休みなさいませ。
[PR]
by kooheeee | 2011-12-13 22:25

私はあんまり写ってないです。

先日の石垣市青年団協議会の文化発表会。
12月11日の八重山毎日新聞では、うちの青年会の写真が1面トップを飾らせてもらってました。
→こちら
[PR]
by kooheeee | 2011-12-13 07:52

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな