南西レコード

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ポカホンタスのやつ。

この曲好きです。とりあえず旋律が。
Colors of the Wind

そして歌詞も。
ネット上で拾った英詞直訳のものです。
映画日本語吹き替え版での日本語詞よりだいぶ好きです。

「風の色-"ポカホンタス"のテーマ」

あなたは足を踏み入れた土地はみな自分のものだと思うのでしょう
土はただ生命のないものだと
でも私は知っている すべての石や樹や生き物たちが
いのちを 魂を 名前を持っていることを

あなたはこの世で人と呼べるのは、あなたと同じような外見を持ち
同じように考えるひとだけだと思うのでしょう
でも見知らぬ人の足跡をたどれば いままであなたが知らなかったことを
知らなかったことを知るでしょう

青い月に吼えるオオカミの声を聞いたことがある?
山猫になぜ牙をむくのか聞いてみたことがある?

山々の声で歌うことができる?
風の色で描くことができる?
風の色で描くことができる?

森のなかのけものみちを走りましょう
太陽で熟した大地のベリーを食べましょう
あなたのまわりのすべての豊穣の中をころげまわるの
そしていまは こんなものにどんな価値があるのか考えるのは止めにして

嵐や川はわたしの兄弟
アオサギやカワウソはわたしの友達
そしてわたしたちは皆つながっているの
まるいの環、永遠の輪のなかで

青い月に吼えるオオカミの声を聞いたことがある?
ワシにいままで見てきた土地の話を聞いたことがある?

山々の声で歌うことができる?
風の色で描くことができる?
風の色で描くことができる?

すずかけの樹はどれほど高く伸びるのかしら
切ってしまっては わからないわ

青い月に吼えるオオカミの声はあなたには聞こえない
白い肌であっても 赤い肌であっても
山々の声で歌わなくてはならないの
風の色で描かなくてはならないの

あなたは世界を我が物にすることもできるわ でも
あなたが手にすることができるのはただの土

風の色で描けるようになるまでは



いやー、いいなあ。
とてもアメリカの人が作った映画の挿入歌とは思えません。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-30 01:18

明石食堂で沖縄っぽいそば

ここ数日はずっと空気はぬるかったんですが、今日は北欧に匹敵するぐらいマジで寒いですね。南西レコードです。

さて、今日は寒さを求めて日中にちょっと島の北部まで遠征してみたんですが、すみません、カメラ忘れたんで写真も何も無いんですが、別に今日のアクセス数2件とかのこんな拙ブログ(ツタナブログ)に掲載される画質のたいして良くない写真なんて、楽しみにしている人はたぶん南西諸島で2~3人もいないはずだから別に良いですよね!
                          …フテクサレルナヨ(´д`;)(´д`;)

はい、すみません。寂しいけど根暗だから大丈夫です。


えーと、そしてですね。ちょっと明石食堂に立ち寄って八重山そばを食べてみましたが、なんかスープがだいぶ沖縄そばっぽい味だと思った。八重山の店としては珍しく、紅ショウガも各テーブルに標準装備だし。
考えてみたら、明石は沖縄出身者によって開拓された集落。そんな歴史の背景がそばにも反映されてるんでしょうか。

えーと、すみません、そんだけです。

そうそう、明石でも旧盆のときはエイサー踊られるんですよね。未だに真喜良のやつも観に行けてないのに言うのもなんですが、明石のエイサーも観に行ってみたいです。噂では読谷系の踊りが取り入れられてるだとか何とか。面白そうですね。


さあ、今日の残りの時間も寒さを満喫しましょう!
[PR]
by kooheeee | 2011-01-29 20:14

囲碁部結成

来週の週末にシマで生まれ年のお祝いがある為、ここ最近は毎晩公民館に青年会メンバーで集って余興の練習をしています。しかし、今日は諸事情によって練習が行えませんでした。

で、みんなでだらだらしてて、今日は練習できないから何しようか~、なんかゲームしたいね~って話になりまして。
「囲碁やりたいね」ってことで、青年会囲碁部が結成されました!
けど碁盤はありません。碁石もありません。そして致命的なことに誰もルールを知りません。けど囲碁部はできました。部長は私です。もちろんルールわからないです。頑張ります。

で、今日は碁石も碁盤も無いから、公民館で発見された将棋セットで将棋してました。もう何がなんだか。

これからも宮良青年会囲碁部をよろしくお願いします!!
[PR]
by kooheeee | 2011-01-27 23:59 | シマに暮らす

シマに抱かれて眠りたい

今日仕事で出会ったとあるおばあさんに、「あんたはこの島(石垣)出身ね?」と訊かれました。あ~自分は生まれ育ちは沖縄ですよ~と答えたら、「あい、私も沖縄だよ!私は嘉手納の野里出身だよ!」と。

野里!なんとまたマニアックな。
それで、「自分も父方の祖父は国直(くんのーい)なんですよ」と言ったらそのおばあさんも「くんのーい!すごーい!へえ~そうなんだ~」と、なんか2人でわけのわからないテンションの上がり方してました。南西レコードです。
いやー、石垣島にいてこの2集落の名前が話題にのぼるとは。

ちなみに野里も国直も現在は嘉手納基地の中ににありますね。

もっとちなみに、野里はたまにこのブログにコメントをくれる たろーさんの親ジマになる集落です。

懲りずにさらにちなみに、私は奄美大島の大和村に同じ名前の集落(国直=くんにょり)があることを知った日には心がお祭り状態でしたよ。一番どうでもいいな。早く寝よう。

私は人生において、母方の集落を心身の拠り所として選ぼうとしています。が、もちろん父親の出自のことも生理現象的に永遠に気にし続けるでしょう。「沖縄人の父親を持つ宮良人」なる、多少怪しげな肩書きをアイデンティティとして掲げられたら私の人生成功だと思います。

眠いな。みんなで大殿籠りましょう。

今日の名曲。月のワルツ。

眠い~~。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-26 23:59

繰りかえしゞ

おはようございます。朝の小鳥の時間です。南西レコードです。
しかし、蒲谷鶴彦氏が4年前に亡くなっていたとは。謹んでご冥福をお祈りします。

私が野鳥にハマりだしたのは小学5年の頃。それから程なくして蒲谷氏の『日本野鳥大鑑』に出会い、それを真似して私も鳥の声の録音なんかをしておりました。

いやあ、楽しかったですよ。鳥の声の録音の真似ごと。いつ鳴くのかタイミングが掴み辛いサギ類の声が録音できたときの喜びや、川沿いの茂みに張り込んでカイツブリのいつもと違う鳴き方を録音できたときの興奮は今でも覚えています。当時憧れだったリュウキュウアカショウビンの声が録れたときなど鳥肌もんでした。

しかし、録音テープが20本を超える頃、「そんなデータのライブラリ、俺が持ってる必要ないんじゃん?」という考えが浮上してきたと思ったらそのまま受験勉強の波に呑み込まれ、鳥の声の録音はほとんどやらなくなりました、はい。

いや、なんか蒲谷先生はもとより、日本に野鳥の研究機関なんていくらでもあるんだから、私みたいな一小中学生が世間的には既存のデータを部屋にかさばらせておく必要ってあんま無いよね?という感じで。

この前兄と電話してるときにも似たような話になりましたよ。「CD、俺らがそんなに持ってる必要ないよね」「極端に言えば、家の隣りにツタヤがあればもうCD買う必要ないよね」みたいな。いや、わかりづらいですが、CDとかを身近な友人が既に持っていたり、ツタヤみたいなライブラリが通いやすい環境に在るなら、あえて自分までCDを所有してわざわざ身重になることないよね、人生身軽に生きましょうよ、という感じです。日本語大丈夫かな。

いや、しかし本当に、コレクターってのは自分の人生におけるフットワークを制限する可能性を非常に高めそうな職業だ。と、思ってしまうわけですよ。別に職業じゃないか。

しかし、セグロカッコウという日本には稀に飛来する鳥がいますが、数十年前にこの鳥が日本に来てることを初めて証明したのは、野鳥好きの中学生によるその声の録音テープだったんですよ。

私も頑張って録音を続けていれば、そんなステキなこともあったかもしれない。なんてあんま考えないようにしてます。

     * 

昨日、私が4~5年ほど前に西表島でバイトしてた頃の先輩に、上等な焼肉屋で上等な肉を食べさせてもらったんですが、なんか今の世の中「脂さえのってれば上等な肉」みたいなとこありませんか?
いや、美味しかったではあるんですよ。ありがとうございましたm(_ _)m
  
     *
さて、これから石垣島マラソンのボランティア頑張ってきます。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-23 06:08

明日は大寒で満月の旧暦十二月十七日です。

4~5年ほど前の一時期、八重山高校の裏門前にあるポッカの自販機でアップルティーのボタンを押したはずなのにパワーギアが出てくる、という心霊現象が度々起こっていたそうです。南西レコードです。こんばんは。

さて、3日前に奄美大島で雪が降り、沖縄島最北のシマ・奥では今季最低となる6.6℃を記録するほどの寒波が南西諸島を襲ったかと思ったら、今日は冬休み中のゴキブリ大先輩たちが季節を間違えて集落中の側溝から湧き出してきそうなほどの空気のぬるさです。明日は大寒なのになあ。頑張れ、冬!

ところでこの曲を聴くと、なんか中学2年生の頃の冬を思い出します。
ヌンチャクで都部ふぶく

そういえばこないだの正月の頃はブラフマンのGrope Our Way~A MAN OF THE WORLDを聴き直してました。久々に聴くとかなりテンション上がります。これらも中学の頃のアンセムでしたね。


あ~~なんかいろいろだらだら作文書こうと思ったけど眠くなってきました。
もうみんなで眠りましょうね。明日も良く生きましょう。お休みなさい~m(_ _)m
[PR]
by kooheeee | 2011-01-19 23:59

成底ゆう子を応援したい。

シマの青年会の先輩が、職場でとあるおばあさんと交わした会話。

OBA(おばー)「うちのペットは可愛いよ~(´∀`)」

先輩「へ~(・∀・)何飼ってらっしゃるんですか?犬?猫?」

OBA「猫だよ~(´∀`)」

先輩「猫ですか(・∀・)猫可愛いですよねぇ(・∀・)♪」

OBA「うん、可愛いよ~。チワワ(´∀`)」

先輩「……(´д`;)」


はい、うらやましいですね。週に1回はこんな会話が欲しいです。南西レコードです。

さて、そんな話題とは死ぬほど関係ありませんが、さっきNHKのテレビ歌謡ショーに、我がシマ出身の歌手・成底ゆう子さんが出演してました。
ふるさとからの声
超歌上手いです。ピアノも弾きながら歌えて偉いと思います。
そして、現公民館長であるゆう子さんのお父さんが、電話でかけてくれた言葉。
何度聴いても涙が出ます。
いやー、年をとると涙もろくなっていけませんね(´∀`)ハッハッハ
とにかく、これからこの歌声を聞く機会がどんどん増えてほしい。

しかし、歌がものすごく上手い歌手って、なんか売れ方が微妙なケースが多いような気がするんですがどうでしょうか。そんなことないですか?ならいいんですが。

だからみんなで一緒に応援しましょうよ~。さあどうぞどうぞ

いやー、「宮良川」なんて単語が全国ネットで流れるなんてステキです(´∀`)
[PR]
by kooheeee | 2011-01-18 23:55 | シマに暮らす

阿母

今年も奄美大島で雪が降ったみたいです。ステキ過ぎる。

奄美大島では冬の寒いときに湯湾岳(694m)とかでたまに見られるらしい、ってのは前々から聞いていましたが、今年もしっかりと。
うらやましい。うちの島のオモト山・テラス山(526m)の神様にも頑張っていただきたい。緯度も標高も低いから厳しいか。。


そういえば、この曲にも「雪の降る日も…」って歌詞が出てきますね。
なんか本当に、文化だけでなく気候にもものすごい深みを持つ奄美が、純粋にうらやましいです。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-17 23:59

「六十グラムの猫」

とにかく小さかった。
頭はラディッシュの大きさしかない。手足は朝顔の蔓である。コラットという銀色の猫の仔なのだが、一胎二匹のきょうだいが片手に乗る。普通の仔猫の半分の未熟児である。目方を計ったら六十グラムしかなかった。


―という書き出しで始まる向田邦子の随筆に、なんとなく目を通したのは昨日の昼。そしてその夜、この文章を一気にフラッシュバックさせるような状況に遭遇。場所はうちのシマの隣りジマの、とある民家の離れにて。

強く吹いている北風に紛れて「何か仔猫っぽい声が聞きこえるなあ」と思ってたら、本当にいたんですよ。離れの建物の中の、丁寧に布が敷かれた段ボール箱の中に、仔猫の人たちが3名。これ↓。本当に仔猫の声なのかどうか、一瞬疑ってしまうほどのか細い声で鳴きながら。
a0147023_22502820.jpg

予報での気温は11℃、例のごとく北欧並みにアレだった昨夜。子猫たちはそれぞれの存在を確認するかのように、思いっきり身をくねらせながら絡み合ってました。

しかし母親が近くに見あたらない。どこかに行っているのか。戸を閉めてしまったら母親が出入りできなくなるから、少し開けておこうか。でもそれじゃ仔猫たちが凍えてしまうのでは、それに母親なんてものが本当にいるのかどうか…。
なんてことを考えてたら昨夜はあまり眠れませんでしたよ、おじさんは。

そう、この仔猫の人たち、かなり小さいんですよ。向田邦子のそれの60グラムとまではいかないにしても、少なくとも私が今まで見てきた猫の子供の中ではダントツに小さい。一応、3名まとめて片手のひらには載せられそうです。猫の赤さんってこんなもんでしたっけ?

ああ、猫の写真だけはブログに載せるまいと思ってたのに。可愛すぎて心配で胸キュンですよちくしょー。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-16 23:13

11

本日'11年1月11日は、私の沖縄の祖母、つまり父方の祖母の11回目の命日でした。911同時多発テロばりの11の並びです。

そして一方石垣島のシマでは、ついこないだも「私は次の正月まで命あるかね~はっはっは」と非常にコメントしづらいことを言っていた祖母が、年末年始でシマに帰省してた私の母が今日沖縄に帰ってしまったので、ちょっと寂しそうでした。

さて、いろいろ引き継いでいかなければ。
[PR]
by kooheeee | 2011-01-11 22:35 | 祖母

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな