南西レコード

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぱびろーま2

祖父の妹であるU子おばが危篤だという知らせが入った。こんな作文を書いた矢先のことだ。

おばは兄であるうちの祖父とは20近くも年が離れている。だから祖母が嫁入りしたばかりの頃は、おばを連れて歩いていたらよく子供かと間違われたそうだ。
私の母たち兄妹からしても、あまり年が離れていないことで取っ付きやすかったのか、他の親戚よりもおばの家とはだいぶ親しく付き合っていた。

かくいう私も、夏が来るたびにおばの家に上がり込んではいろいろ食べさせてもらった身である。夏の祭りの度におばが作ってくれる神酒が大好きだった。

病弱なおばは43年もの間ずっと入退院を繰り返してきた猛者だが、見舞いに行くたびに予想より元気そう。だからいつもその様子を見に行っては安心して胸を撫で下ろすのが、私の4か月に一度くらいの楽しみの一つとなっていた。
しかし、ついに血圧が下がり始めて、今回はいよいよ危ないという。

昼休みに職場から抜け出して様子を見てきた。もう言葉は喋れなくなっている。眼だけがゆっくり動いているので、僅かにでも意識が存在していることを信じるしかない。
おばの旦那おじーが「お前が来たから笑ってるさー」と言ってくれたことで救われたような気持ちになる。

仕事が終わったらまたそのまま病院に向かった。
明らかに昼よりも衰弱してきているのがわかる。もうおばの目は光に反応していないらしい。
「でも耳だけは最後まで聞こえるから」ということで、親戚で代わる代わる耳元に語りかける。「みんなおばーのことが大好きだからね」「なんにも心配しないでいいから、安らかにね」
そんなことを話しかけているうちに、おばの目から涙が滲んだ。本当に言葉が届いた為か、身体の衰弱によるものなのか、判断する術はない。しかしとにかく、おばの目は潤んできている。
私がそれを拭ってあげると、親戚が「まさかあんたに目ヤニを拭ってもらう日が来るとは思わんかったはずね」と笑った。全くですよ。

家族はみんなある程度の覚悟はできてきていて、おばの孫たちが日中から家の大掃除に取り掛かっていた。明日からはお客さんがいっぱいくるし、おばもまた家に帰ってくるのだから。

私は今家に戻っているおばの旦那であるおじーを、いざその時が来たときに病院まで高速で連れてくる役を仰せつかり、午後9時ごろにとりあえず病院を出た。

自分の部屋に行く前に、おじーの様子を見に行ってみた。やるせなさからか酒を飲んで酔っ払ってるとのことだったが。
私がおじーの家に入った瞬間、「もう(迎えが)来たのか!?」と強張った顔で迎えられた。酔っている様子は全くない。

とりあえず、病院から連絡が来たらすぐにおじーを連れていくから、もうちょっと待っててね、とだけ言って私は部屋に帰った。

そして、今この作文を書いている。現在午後11時。

連絡はまだ来ない。
[PR]
by kooheeee | 2010-06-30 23:03 | シマに暮らす

ぱびろーま

さて、5月29日は祖父の一年忌でした。早いものです。
a0147023_20123032.jpg

60代のときに大きな手術をして以来、あまり声がでなくなっていた祖父。
口数は少ない代わりにいつもニコニコと笑っている人だった。遺影でも穏やかな笑顔なので、なんだかあまり亡くなった気がしない。
今でも突然家の裏座からひょっこり出てきそうです。

祖父は93歳だったが、祖母も今年で91歳。
それぐらい年を重ねてくると死に対しても達観できるようになるのか、人が亡くなってもそんなには動じない。祖母自身もちょっと機嫌が悪い時には「もういつ迎えが来ても大丈夫さ~。年寄りは死ぬことだけが考える!」と、言い放ったりもします。
私が入院中の親戚のおばあさんをお見舞いに行ったことを祖母に報告しても「どんなだった?死にそうなってた?」とサラっと普通の顔で訊いてきたりする。
我々の世代はそんなしたたかさを人生においてちゃんと身に付けられるだろうか。ちょっと心配にもなります。

それにしても、今年の5月~6月はシマにおいて、よく人が亡くなった。
元々シマにはお年寄りの人口が多いものだから、「いつでも村のどこかに必ず白い位牌がある」という風に表現されるくらい、よく葬式がある。新聞の死亡広告欄や村の辻々にある掲示板のチェックは毎日欠かせられない。
それにしてもこの1ヵ月は葬式が多かったです。4週ほどの間で、連続で5人が亡くなった。

その亡くなったうちの一人はうちの家系の本家にいたおじいさん。私の伯父のハトコに当たる方だった。ゴールデンウィークの終わり頃のこと。

その前日、家の中に1匹の蝶が迷い込んできた。オオシロモンセセリ。蛾じゃないですよ。ちゃんと蝶の人です。
a0147023_20141889.jpg

それを外に逃がすのだが、何度追い出しても何度追い出しても、すぐに家の中に戻ってきてしまう。

蝶といえば南西諸島ではあの世からの使いという。このときもその状況を見ていた伯母が「誰かの魂かねえ」と言っていた。今にして思えば、本家のおじいさんのことの知らせだったのかもしれない。

シマの言葉では蝶は「ぱびろーま」といいます。


そういえば数年前、亡くなった者たちが家に帰ってくる盂蘭盆の日の昼間に、南部のとある御嶽の聖域内をゆったりと飛ぶシロオビアゲハを見たことがある。そのときは場所が場所だったってのもあるけど、なんだかそれがとても不思議な光景に見えて。
蝶があの世からの使者とは言い得て妙だな、と思った。

そりゃー君がそういう文化の中で生きてるんだから当然だよ、文化的幻覚みたいなもんだよあっはっは(´∀`)…なんて野暮なことは言わないでください。人は文化の枠組みの中でしか生きられないんですから。
[PR]
by kooheeee | 2010-06-24 20:10 | シマに暮らす

梅雨明けフェス2010

祖母とおばさんと私の3人でテレビを観てた時のこと。

ニュースで梅雨明けが告げられた。
例年より何日早いとか遅いとか何とか。

そっか~、もう梅雨あけるんだ~やがて夏だね~。
おばさんとそんな感じで話してたら、祖母がぽつりと一言。

「昔はよく(旧暦の)五月八日の頃にが梅雨は明けると言ってたけどね~」


そこで私はカレンダーを急いで確認。すると、
なんと!!

本日6月19日は
旧暦の五月八日!!


いやあ、まじでびびりましたよ、鳥肌立った…。
旧暦最高。旧暦万歳。
昔の人も最高。そんな風に生きてみたいと、やっぱり思います。
[PR]
by kooheeee | 2010-06-19 20:00 | シマに暮らす

祖母にはどうでもいい話

「も~、最近はテレビでバレーばっかりやって!」
と、祖母がテレビを見ながら不機嫌になってるのはさておき、盛り上がってますね、サッカーワールドカップ

さてさて、またまたお久しぶりです。南西レコードです。
諸事情により、しばらくは月一くらいのブログ更新になりそう…と思ってましたが、それすらも無理でした。すみません。私の周り、ネット環境が著しく悪いのです。
いろいろ調べたら、やはりnttフレッツのやつは私の部屋までは届かないらしい。Auのひかりちゅらが八重山に来るまで待つか…。はたして何年かかるでしょうか。
前にも言った通り、ケーブルテレビのネットサービスは繋ぐのに4万円以上かかるし。

だからしばらくは仕事帰りに安価でネットができる公共施設からブログ更新でもするか~、と思ってたら、その公共施設がついこないだテナントの枠組みだけを残してどっかに行っちゃいましてね(´∀`)ハッハッハ
まさに至れり尽くせりですよ。
それじゃネットカフェに~と思っても、ネットカフェだとお金がその公共施設の4倍くらいかかっちゃううんですよ!まったく、低所得層の身にもなってみてくださいって感じですよ!無理言うなよ。はい、すみません。


さて、盛り上がってますね。サッカーワールドカップ。日本を応援するのはもちろんですが、テベスが好きなんでアルゼンチンに頑張ってもらいたいです。
そうそう、テベス好きなんですよ。メッシよりだいぶ好きです。見た目が男臭いところとか。プレーも迫力があって好きです。
しかしそれにしても、今大会では私の好きなアイルランドが出てないんでちょっと寂しいですね。

…って世間に迎合してワールドカップの話題など出してみましたが、私の住む部屋にはテレビが無いので別にワールドカップ観てないです。

さて、人生頑張ろう~。

ちなみにこの日記からしばらく古日記になります。
今現在本当は平成22年10月24日です。
[PR]
by kooheeee | 2010-06-15 19:56 | 祖母

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな