南西レコード

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

予選があるから奄美大島へ!

まわあーーりよーおーーさんごーおーびんぐゎーーー(・∀・)♪

南西レコードです。明日から、3泊4日で奄美大島に行ってきます。

私、奄美民謡が大好きなんです。
よく聴いたり歌ったりします。奄美の人には「沖縄人なのに奄美の歌に関心がある青年」ということでよく珍しがってもらえます。

実際、確かに今まで沖縄で、私の身の周りに奄美民謡に関心を持っている人はいなかった。沖縄の民謡をやってる友達に奄美民謡を聴かせてみたときに得られる言葉が「あー僕?奄美民謡苦手なんだよねー。あの高音部の裏声がどうもねー。なんかしっくりこなくてさー。あ、でもワイド節は好きだよ?そんなに奄美っぽくなくてさー(笑)」みたいなのしかなかった、とかではない。

そもそも聴こうとしない。
そして聴いたところで上記のような感想すら出てこない人が多い。
奄美の歌、というか奄美に対してみんな本当に「無関心」と言った方が適切かもしれない。
それが私が抱く「沖縄での身の回りの人の奄美に対するイメージ」イメージ(←長い)である。


あんなに近い島なのになあ。


それで、性格的に理屈っぽいところがある私は、なぜあんなに奄美民謡が好きなのか、以前からがんばって言葉で説明しようと試みていた。

「とりあえず裏声と三線の装飾音が心地よいから」
「掛け合いの歌遊び文化が今も色濃く残るから」
「民謡が舞台芸と化してしまった沖縄に比べ、今でも生活に根付いた歌の姿があるから」
「工工四が整備されて、流派や教室で固まってしまった沖縄の三線界に対して、奄美の歌には自由性や即興性が残っているから」
…などと考えて納得しようとしてました。*

しかし、もうそんな理由どうでもいいです!もう私はなにもわかりません!
言葉では説明できないことなんて世の中にいっぱいありますよね。
とにかく好きなものは好きです。
アレかなー。数世代前の私の先祖に奄美出身の人でもいたのかなー。
それかアレだ、きっと奄美人の幽霊でも背後に憑いてしまってるんですよ、ええ。
科学万能の時代は20世紀で終わりましたから。西洋なんて時代遅れですから。

ってことは置いといて、そんな私も28日に名瀬で行われる奄美民謡のあれのあれである予選を受けてきます。
結果はどうであれ、これが奄美に行く良い口実になるので嬉しいです。


久しぶりの奄美旅。とても楽しみです。
楽しみすぎて今日は仕事中ずっと顔がニヤけてました。

今回は、以前から行きたかった加計呂麻島にも足を延ばしてみようかと思います。






*あと、その私がかつて奄美民謡の世界に抱いていたイメージは、現在のしまうたの様子としては必ずしも適切なものではないようです。それは奄美の唄者のみなさんと話してて次第にわかってきました。奄美しまうたも大きな転換の時期を迎えている、とのことです。これからどうなるんだろう。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-25 19:53 | しまうた

葉桜

今日サンエー(沖縄県内大手スーパー)で買い物したら、サンエーカードが1000ポイント貯まりました! \(´д`)/イェー

高校1年のときからコツコツ貯めてきた努力がやっと実りました。
7~8年はかかってるのか。
実家暮らしの男子青年は貯まるの遅そうですよね。

1000ポイント貯まったらもらえる商品券は、さっそく龍角散exを買うのに使いました。うん、実に有意義でがある。


それにしても今日は天気も晴れてかなり暖かかったですね。
庭のヒカンザクラもすっかり葉桜です。
a0147023_2115098.jpg

冬が遠くへ行ってしまう~。
けど、緑は綺麗です。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-23 21:19

土器焼き!

昨日は仕事で作った縄文土器を焼くのがありました。

先輩方が作った土器たち。
a0147023_21255446.jpg

すごいです!私が作ったこれとは輪郭の整い具合も表面のなめらかさも全然違います!

火付け開始。
a0147023_21271452.jpg

久々に空も晴れて、焚き火の火もかなり大きくて、かなりアレでした。暑い上に熱かったです。
a0147023_21405689.jpg

焼きあがる過程で割れてしまうことが心配されていた私の土器も、なんとか無事に!
a0147023_21301522.jpg

と思いきや、底が筒抜けになってしまいました…。
a0147023_21345064.jpg

粘土をつなぎ合わせる技術が甘かったようです。
けど初めての土器作りだったんで、大破しなかっただけで大満足です!

この人生でまた縄文土器をつくるなんてことがあるでしょうか。もしあった今回の経験を鬼のように活かしたいです。



こちら、土器作り名人の人が作った傑作。二重口縁です。凄まじいです。
a0147023_2135780.jpg

上から。
a0147023_21354229.jpg

ここまで来たらもう変態の域です。すごいなあ。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-22 21:43

名護市嘉陽の「キョウ」を見に。

童謡で名高い動物、アイアイ。
現地マダガスカルでは不吉な動物で、「アイアイに指をさされたら死ぬ」と言われてるそうです。

オサールサーンダヨー(・∀・)♪

というとっても役に立つ豆知識は置いといて、
昨日、ちょっとヤンバル(沖縄島北部地域)に行ってきました。

ヤンバル、とくにその東海岸は奄美大島を彷彿とさせる雰囲気なので大好きです。特に名護市の二見から北に向かうと、もうまるで奄美大島にワープしたかのような錯覚に陥ります。
よって、奄美大島に行きたくなったらとりあえずヤンバル東海岸をドライブする私です。

嘉陽集落の海岸とかかなり良いですよね。
a0147023_19574223.jpg

写真は嘉陽で「キョウ」と呼ばれている岩。
奄美などで一般的に「立神(たちがみ)」と呼ばれるのと同じ類のものです。
異界からシマに渡ってこられる神々は、まずこのような立神岩に降り立つといいます。
a0147023_2025697.jpg

いやー、良いなあ。北部東海岸は。
華やかな西海岸と違って、寂寥の感に包まれてる感じが良いです。
東海岸大好きです。



ところで、私の知人以外でこのブログを定期的に読んでくださってる人(がいれば)は、私が奄美好きであることに気づくかもしれません。
なぜ奄美が好きなのか。
自分でも不思議なので近いうちに頭の中をまとめて書いてみたいと思います。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-21 20:16 | 文化的な何か

季節の変わり目って切ないですよね。

おはようございます、南西レコードです。

今日の名曲。→これ
良いです、この曲。0:22以降、「ときにはしくじることもあり…」のとこから畳み掛けてくるメロディラインは圧倒的です。

日曜日版よりもやっぱり火曜日版の方が好きです。
しかし、かつて火曜日にもサザエさんが放送されてたってことを知らない世代もどんどん増えてきてるんでしょうか。


さて、今日の沖縄島は雨の予報でしたが、なんか空には晴れ間が見えてきてます。今現在は寒いけど、午後には気温も上がりそうな予感です。
冬が遠ざかっていきますね。切ない。

というわけで、冬が完全に終わる前に、今日はちょっとヤンバル(沖縄島北部地域)に遠征に行って、奄美大島っぽい雰囲気を味わってきたいと思います。


* * *

それと昨日書いた馬路村。集落としての村でもあるけど、行政単位としての「村」でもあるらしいですね。
やはり気になります。絶対にいつか行こう~。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-20 08:58

馬路村

高知県に馬路村(うまじむら)、という村があるそうです。

先日、青年会メンバーで集まったらこの飲み物を持ってきてくれた人がいて。
a0147023_20392511.jpg

「高知県に働きに行ってる友人がいて、その友人が突然送ってくれた」とのこと。

その地元の方々にしたら大変失礼になりますが、私は馬路村という場所の存在を知らなかった。
まあ当然と言えば当然ではなんでしょうが。私が高知県に行って道を歩いてる人に「沖縄県に胡屋っていう村があるんですけど知ってますか?」って言ったらそりゃ誰も知らないでしょうよね。当たり前だ。

このごっくん馬路村の箱の中にはちょっとしたパンフレットが入っていて、それにちょこっと村の様子が書かれている。
平成20年度の新成人が14名だそう。石垣島のうちの村と同じくらいの規模・人口だろうか。
さらに、馬路村は四方を1000メートル級の山々に囲まれていて、年間降水量が3000ミリにも達するらしいです。雨好きにはたまりませんね。

それで、その馬路村の人々が開発した馬路村公認飲料・ごっくん馬路村。
原材料はハチミツとユズだけ。不自然な香り・甘さ・酸味が全くない、至って自然な味。あっさりすっきりでかなり美味しいです。

うーん、馬路村。俄然興味が湧いてきました。

日本全国には、こういう村興しを頑張っている小さな村がいったいどれほど存在してるんでしょうか。
できることなら、そんな全ての村々を廻ってみたい。
そしたら、うちの青年会や地域活動の為のヒントもいっぱい得られる気がする。
行動力も経済力もそんなに無い私ですが、そんな夢は見たりもします。

ごっくん馬路村を知れただけでも、なんか奇跡的な巡り合わせ…。考えすぎか。

馬路村。行ってみたい。いつか行こう。
とにかく、この飲み物を知れて良かった。

ごっくん馬路村、箱も立派です。じょーとー!
a0147023_21172997.jpg

[PR]
by kooheeee | 2010-02-19 21:19

今日は雨水

しかし、昨日は寒くてしっとりしてて良い天気でしたね。
低温高湿は大好きです。
そして、今日もなかなか低温高湿な沖縄島です。
テンション上がります\(´д`)/イェー

しかし、今日が二十四節気の雨水か。「雪が雨に変わってくる頃」という。

冬もやがて終りか~。切ないですね。
凍えるの好きの私としては、残りの冬の時間をいかに上手に凍えるか、しっかり考えていきたいと思います。


昨日の夕方にみつけた、あんまり沖縄っぽくない景色。
a0147023_76530.jpg


それでは、仕事に行ってきます。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-19 07:07

土器成形!

2日前から、なぜか仕事で縄文土器を作っている私です。

今日はついに土器の成形でした。
いやー、不安だらけだったけどやってみればなんとかなるものです。
a0147023_23104034.jpg


沖縄貝塚時代前期(縄文時代後期)の荻堂式土器イメージです。
紋様はてきとーですが、いかがでしょうか。
時間がたってテンションが下がってきた私にはもはや荻堂式には見えません!
写真で見ると余計に汚いです!

あと、写真でスケールに使ってるボールペンはもちろんサラサです。

しかし、教えてくれる人も指南書も無い状態でよくがんばりました、私。
自分で自分をほめてあげたい。

上から。
a0147023_23194154.jpg


いやー、がんばったがんばった。
あとはしばらく寝かせて、よく乾いたら焼きます。
焼くときに割れないように祈りたいです。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-18 23:29

2月17日(旧暦1月4日)

日付変わっちゃいましたがまだ変わってないことにしたいです。南西茶屋です。
未だに慣れない。南西レコードです。

昨日お伝えしました土器作りについて
とりあえず今日は土器の成形を行うはずが、急ぎの仕事が突然たくさん入ってきたりして土器作りはできませんでした。ちくしょー。

明日がんばらないと。


ところで、今日は旧暦の1月4日。旧暦年末のウガンフトゥキに天に帰って行かれた火の神様が、また家に戻ってこられる日です。

今年も1年よろしくお願いしますです。
a0147023_0215929.jpg

[PR]
by kooheeee | 2010-02-18 00:22

土器作り用の粘土をこねる

今日は職場で、仕事時間の大部分を粘土をこねることに費やしました。
上司からの命で縄文土器を作らないといけないからです。 ←どんな職場だ。

乾いて粉及びチップ状になっている粘土を水で戻しながらこね、砂を混ぜてこね、また柔らかさを調節するために粘土と水を足しつつこね…。
初体験なので難しかったです。けっこう体力使いました。


とりあえず、土器の元になる土は完成。
a0147023_19103687.jpg

一晩寝かせて、明日は土器の成形です。

初めてなのでうまくいくかわかりません。けどがんばります。


ちなみに、写真の粘土塊の横にスケールの為に貼り付けてあるボールペンはゼブラから出てるサラサです。超書きやすいです。おススメです。
[PR]
by kooheeee | 2010-02-16 19:28

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな