南西レコード

カテゴリ:自然( 14 )

オスは今年初めて見ました。

台風4号がコースを東寄りにしながらも絶賛接近中ですが、今日のシマは晴れてとても良い天気でしたよ。

で、夜は私の居住する部屋の外階段に、この人が来てました↓
a0147023_08671.jpg

もう夏ですね。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-17 00:12 | 自然

平成24年6月6日金星の日面通過

こちらは、東京に居る友人から送られてきた金環日蝕の写真。美しいです。
a0147023_0384617.jpg

で、6月6日には金星の日面通過があったんですよね。こちらも平日だったんで、仕事の合間合間のい楽しませてもらいました。次回にこれが観れるのは105年後だそうで…。そんなこと云われたら観るしかないですよね。

いやー、天文ショーって良いですね。それを楽しみに人生頑張れます。

この次に何か楽しいのとしては。
7月13日に金星がマイナス4.5等の最大光度になって、昼間でも観察することができるそうです。
楽しみ楽しみ(・∀・)
[PR]
by kooheeee | 2012-06-10 00:46 | 自然

平成24年5月21日の金環日蝕

さてさて、今晩は。またちょっと古い話題を。

5月21日には日本各地で金環日蝕が観測できましたね。
奄美~沖縄県では部分日蝕でしたが。しかし、金環にこそならないものの、石垣市でも三日月の様な細い太陽が観測できるということで、私死ぬほど楽しみにしておりましたよ。

日蝕の最大が午前7時9分頃とのことだったんで、朝起きてすぐに白保集落を過ぎたとこにあるピーゴロ坂に向かいました。
a0147023_23532837.jpg

けっこう雲が多いです…。3年前の奄美皆既日蝕のときのことを思い出しました(・ω・)
けどまあ、景色はかなり良くて雰囲気もステキだったので、それが味わえただけでも良しとしましょう。と、思おうとしてたら…。
なんと!蝕の最大を迎える頃に、タイミング良く雲に切れ目ができてきました!写真では判り辛いですが、どんなでしょうか?↓
a0147023_2356916.jpg

太陽、かなり細いです!遮光板を通して無理やり撮ったやつ↓
a0147023_2358675.jpg

いやー、綺麗でしたよ。満足満足。
で、この後は仕事に行かないといけないんで、出勤準備をしながら部屋でyoutubeの金環中継を観てました。
a0147023_00858.jpg

うん、良かった良かった。何だか人生に軽く調味料を投入できた感じで。
この日は一日幸せに過ごせました。

私が1歳のときに、沖縄本島で金環日蝕が観測できたんですよね。母がよく私に「あんたに金環日蝕を見せるために、あのときは知花グスクに連れて行ってあげたんだよ!」とよく聞かされますが、はい。もちろんあんまり覚えてません。でもありがとう、お母さん。

皆既日蝕はもちろんそうですが、金環日蝕も生きているうちに一度は観てみたいですね。
[PR]
by kooheeee | 2012-06-08 00:09 | 自然

桜が恋しい。

気がつけばもう1月も21日。やがて旧暦でも年が明けてしまいそうですね。

沖縄本島ではヒカンザクラが咲いている頃ですね。
石垣島では沖縄ほどヒカンザクラを見ないので、ちょっとあの光景が懐かしいです。

これによると、一応昨年12月の段階で石垣島でもヒカンザクラは咲いてたみたいですね。
ちょっと探しにでも行ってみようか。

今日の名曲
ストリングスのみで構成されているところとか、歌詞にヒカンザクラが出てくるところとかがステキです。

*

平成20年にかった私のデジタルなカメラ、なんか画質がどんどん悪くなってきている気がする。
桜が咲いていても綺麗に撮る自信はあまりありません。
[PR]
by kooheeee | 2012-01-21 12:58 | 自然

9月蝉話

さて、新暦9月です。旧暦ではもう八月四日です。南西レコードです。

八月といえば奄美の八月踊りなわけですが、今年は仕事上夏期休暇が取れる身分になったのでこの時期に奄美大島に渡って八月踊りでも拝んでみようかとも思ったりもしましたが。今年2月の長女姉に引き続き、次女姉も今月結納することになったので夏期休暇はそれに消費することになり、八月踊りの夢はちょっと持ち越しです。残念と言えば残念。まあ目出度いことなので良いんですが。



しかし、最近無性に内地にも行ってみたい。今の時期に内地に行けば、憧れのヒグラシの鳴く声が聴けるんでしょうか。沖縄にはいないセミなので、いつか是非生で声を聴いてみたい。

沖縄にはヒグラシはいませんが、沖縄島のこの時期はクロイワツクツクオオシマゼミが合唱を始めるころ。私の生まれ育った沖縄島中部ではこの両種の声がよく聴けて、それは私が少年時代を思い出す一つの大きな要素となっています。



これらのセミは晩秋まで鳴き続けますが、そのことを知らない友人がけっこう多い。「なんで9月なのにセミが鳴いているば!?」という台詞を同級生から何度聞いたことか。
「セミは夏にだけ(もしかしたら7~8月にだけ)鳴くもの」という刷り込みがあるのかもしれません。テレビって怖いですね(←飛躍か)。



そういえば、沖縄島で夏の初めから鳴き始める、これまた少年時代の夏の風物詩代表・リュウキュウアブラゼミ。このセミが八重山諸島には生息していないという衝撃の事実!私は石垣島のシマに移住してからこの声を聴くことは無くなってしまいまして。ちょっと寂しい。

ああ、この動画いいですね。捕まえられてるところは多少胸が締め付けられますが。



石垣島においては、数日前に仕事帰りにちょっとバンナ岳に立ち寄るとタイワンヒグラシが大合唱してました。これはこれで風情があります。



私が初めてタイワンヒグラシの声を聞いたのは、小学6年のときの8月末に、西表島は浦内川河口にて。霧雨が降る日没の時、薄暗い密林の奥から1匹のタイワンヒグラシの鳴き声があたりいっぱいに響き…。なんともいえない、凄まじく寂寥の感を呼び起こす状況を作り出していました。今でもまだあの空気を思い出すことがあります。



あと話は死ぬほど関係ないけど、昨日youtubeで普段テレビ番組の司会者としてしか見たことなかった落語家師匠が落語を演っているのを初めて見まして。しみじみと感動しました。



* * *


祖母は日に日に回復しております。今日から歩行のリハビリだったそうで。
[PR]
by kooheeee | 2011-09-01 19:32 | 自然

淡くかなしきもののふるなり。

さて、秋に南西諸島に渡ってくるタカと言えば、真っ先に思い浮かぶのは寒露の頃にやってくるサシバです。
が、サシバよりよりちょっと早めにやってくるタカがいますよね。そう、アカハラダカの人たちですね。しかし私は今までまともにこの人たちを見たことがなくて。

そろそろ渡ってくるころじゃないか?ということで、本日早朝に親戚の牛小屋に遊びに行く前に、ちょっとバンナ岳辺りまでアカハラダカ探しに行ってみました。

そしたら普通に見れましたね~。とりあえず数十羽。
日が高くなるにつれて次々と山の木々から飛び立ち、気流に乗って旋回し、どんどん上空に昇っていきます。

初めて見ましたよ。毎年渡って来たことをニュースで知るのみだったんですが。
いやー、ちゃんと本当に来てるんですね~。ささやかな感動でした。

a0147023_22261148.jpg


写真は観察してた場所からの景色。
季節は空を渡るなり。
[PR]
by kooheeee | 2010-09-26 22:21 | 自然

クジャクfeat.1800

なんか近頃ですね、「1800」という数字がとてもかっこよく感じます。
南西レコードです。

1800。インパクトが強い感じが良いです。炭酸飲料の商品名とかにならないかな。ボトルにでかく太く1800とか記載されてたら無条件で買ってしまいそうです。1800!!


あ、でもその倍数の3600もかっこいいです!3600も良いですよね!なんか栄養がありそうで!

           
      ――だからお前はさっきから何を言っているんだ??…(´д`;)(´д`;)


あ、すみません、これが以前話した私の部屋の近所によく出没する白いクジャクの人です。
a0147023_13321611.jpg


a0147023_13325151.jpg


距離があって私の小さいデジタルカメラではこれが限界です。
うーん、やっぱりでっかい一眼レフカメラに憧れますね。
セレブになるまで頑張って待ちます。


そうそうこの前ですね、ギンネム林の道を原付で走ってたんですよ。そしたら突然驚いたクジャクが2羽、ものすごい羽音とともに飛び立って、高さ2~3メートルはあろうかというのギンネムの木々の上を、その高さと並行に見事に飛んでいく場面に遭遇しました。
すごい、クジャクってちゃんとあんなやって飛べるんだ。
まるで鳩ですよ、鳩。←よくわからん例えだ。

さて、もちろん私の部屋のまわりには白くない普通のクジャクもいるので、こんどはどうにかそっちの写真を撮ってみたいです。
[PR]
by kooheeee | 2010-07-17 13:30 | 自然

コッカラ激突落下

パンを踏んだ娘~(・∀・)♪
パンを踏んだ娘~(・∀・)♪
といったことはさておき、今日夕方、ヤラブ並木のとこのパーラーで友達とうどんを食してたら、この写真の赤い人が建物の窓に激突して落ちてきました。
a0147023_19384156.jpg

とりあえずそれをとまりやすそうな木の上へ。
けっこう長時間放心状態でしたが、このしばらく後にちゃんと正気を取り戻して飛んで行ったそうです。良かった良かった。

しかし、アカショウビンを触るのなんて私が小学校6年のときに彼らが祖母の家に入り込んで来た時以来です。

どうだ、珍しい体験してるだろう!
と、自慢しようかと思いましたが、こんなのみつけました。このリンク先の方がすごいです。すみません、勝手にリンクです。

南西諸島一円で似通った名で呼ばれるアカショウビン、うちのシマでは「コッカラ」とよびます。
[PR]
by kooheeee | 2010-07-13 19:32 | 自然

恩師と地層ツアー。

ここしばらく、私の平熱は36.9℃くらいだったけど、今朝は35.9℃しかありません。ヤバい~死ぬ~。南西レコードです。

さて、近頃、高校時代の恩師に仕事上の関係でたびたび顔を合わせるようになった。
その先生は地学の専門家で、高3のときには担任でもあった。
当時から友達と「おじいちゃんみたいだ」と言い合っていたが、卒業から6~7年。先生はますますおじいちゃん度をアップさせている。時間って本当に確実に流れてるんだなー。

昨日、その先生に沖縄島北部の地層を案内してもらうという好機に恵まれた。
「君が来月には沖縄を離れるというからね、その前に一緒に見に行きたかったんだよ」というお言葉も頂戴した。有り難い。

行った先の一つ、名護市天仁屋・バン崎周辺の褶曲地層。
a0147023_10145213.jpg

これでもか!というぐらいうねうねしておられる。これは泥の層がいい感じの硬さのときに地殻変動の力を受けて、その後固まったものらしい。泥だと砂礫に比べてそのような衝撃に柔軟に対応できるため、このように見事な褶曲を形成するのだとか。なんとなく想像はできる。

a0147023_10184462.jpg

先生は70近い年だがだいぶ健脚で、いろんなところにずんずん歩いて行っては岩石をハンマーで叩き割り、ルーペでじっくり観察する。まさに研究者、といった感じのオーラが溢れ出ていた。
「もう年だからよ、身体が動かんさー」と笑う先生。
いやいや、まだ全然そんなことはないですよ。また一緒に歩きましょう。
[PR]
by kooheeee | 2010-03-28 10:53 | 自然

キバナイッペー

a0147023_2352624.jpg

沖縄市のセンター区の道。キバナイッペーが咲き乱れてます。
最盛期は過ぎたのか、路上に落ちた花も目立ってきましたが、まだまだがんばってます。
a0147023_235583.jpg

しかしもうこんな時期か。3月も半分を切りましたね。
新しい年度に向けて準備しないと。
兄からすすめられている漫画『ぶっせん』を早く読み切らないと。
[PR]
by kooheeee | 2010-03-15 23:10 | 自然

石垣島東海岸の某集落からいろいろお送りします。
by nanseirec
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ

最新の記事

どうやったらそんなの思いつく..
at 2012-12-17 20:42
ここしばらくブログ更新離れが..
at 2012-12-15 16:35
3周年
at 2012-12-01 14:00
阿母
at 2012-11-29 00:51
祖母、逝く。
at 2012-11-27 23:59

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな